Now loading
Now loading
Now loading
frame
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
ENNIO
MORRICONE
MORRICONE
MORRICONE
4.19Fri.新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
必聴!必見!あのモリコーネの名曲が、スクリーンに甦る!!
映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』(21)でも取り上げられた、名匠エンニオ・モリコーネが手がけた名曲映画2作品の特選上映。
劇場情報

trailer
trailer

エンニオ・モリコーネ
エンニオ・モリコーネ

Introduction
Introduction

その91年の生涯で、500作品以上もの映画・TV作品の音楽を手がけた映画音楽界の巨匠、エンニオ・モリコーネ(1928-2020)

昨年劇場公開されたジュゼッペ・トルナトーレ監督によるドキュメンタリー映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』(21)での大きな感動と称賛を経て、3/22(金)から彼の出世作であり代表作の『荒野の用心棒』(64)『夕陽のガンマン』(65)『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』(66)の“ドル3部作”が4K劇場リバイバルされるなど、いま再びモリコーネ・リスペクト、再評価の動きが高まっている。

これらの動きに連動するかたちで、4/19(金)より『モリコーネ 映画が恋した音楽家』でも印象的に取り上げられた『死刑台のメロディ』(71)の4Kリマスター版と、待望の日本初公開となる『ラ・カリファ』(70)の2作品を、『永遠のフィルム・マエストロ エンニオ・モリコーネ特選上映 Morricone Special Screening×2』として上映することが決定。

映画の楽しみを何倍にもしてくれる、永遠のフィルム・マエストロ、エンニオ・モリコーネの素晴らしい音楽を是非劇場でお楽しみ下さい!

LINE UP
LINE UP

死刑台のメロディ 4Kリマスター・英語版

5 lines
  • 死刑台のメロディ
  • 死刑台のメロディ
  • 死刑台のメロディ
  • 死刑台のメロディ
  • 死刑台のメロディ
  • 死刑台のメロディ
  • 死刑台のメロディ
  • 死刑台のメロディ
  • 死刑台のメロディ
モリコーネの音楽と
バエズの歌が心を撃つ─。
カンヌ国際映画祭男優賞受賞の
名作実話ドラマが
4Kリマスター・英語版で
待望の劇場リバイバル!
1920年、イタリア移民への差別と労働問題が叫ばれていたボストン。靴職人のニコラ・サッコと魚行商人のバルトロメオ・ヴェンゼッティは、運悪く護身用のピストルを携帯していた廉で警察に逮捕される。全くの事実無根にもかかわらず、イタリア移民のアナーキストという理由だけで、ふたりは身に覚えのない製靴会社の現金強盗殺人事件の容疑者にされてしまう。だが、裁判での証言・証拠はことごとく、彼らが犯人であることを示していた。やがて彼らに有罪の判決が下るが…。
1920年代のアメリカで実際に起こった悪名高き冤罪事件“サッコ=ヴァンゼッティ事件”。その人種的、思想的差別と偏見に満ちた裁判の一部始終を、ジュリアーノ・モンタルド監督が冷徹に映画化。サッコ役のリカルド・クッチョーラが迫真の演技で、1971年度カンヌ国際映画祭男優賞を受賞した。エンニオ・モリコーネが音楽を手がけ、本作に賛同した活動家で歌手のジョーン・バエズが主題歌(「勝利への讃歌」)と挿入歌(「サッコとヴァンゼッティのバラード」)の2曲を歌っている。

★1971年カンヌ国際映画祭 男優賞(リカルド・クッチョーラ)
監督・脚本:ジュリアーノ・モンタルド 撮影:シルヴァーノ・イッポリティ 音楽:エンニオ・モリコーネ 歌:ジョーン・バエズ
出演:ジャン・マリア・ヴォロンテ、リカルド・クッチョーラ、ミロ・オーシャ、シリル・キューザック、ロザンナ・フラテッロ
1971年/イタリア/ドラマ/原題:SACCO E VANZETTI/125分/カラー/ビスタサイズ/DCP/英語モノラル
©UNIDIS JOLLY FILM

ラ・カリファ

5 lines
  • ラ・カリファ
  • ラ・カリファ
  • ラ・カリファ
  • ラ・カリファ
  • ラ・カリファ
  • ラ・カリファ
  • ラ・カリファ
  • ラ・カリファ
  • ラ・カリファ
モリコーネの甘美なメロディが
心に沁みる─。
最盛期のロミー・シュナイダーが
許されぬ恋におちる女性を
体当たりで演じた社会派メロドラマが、
待望の日本初公開!
ストライキでイタリアが混乱する中、イレーネの夫は殺害され、彼女は亡き夫に変わって労働者たちの情熱的な先導者となった。 イレーネはかつて同じ仲間だった工場経営者のドベルドと対立するが、聡明なドベルトの考え方に共鳴するうち、いつしか彼にひかれていく。互いの立場の違いを抱えながらもふたりは逢瀬を重ねていくが、やがて悲劇が彼らを襲う。

かつての仲間だった工場長とストライキの女性リーダーが恋におちてゆく社会派メロドラマ。32歳の女盛りを迎えた凛々しいロミー・シュナイダーと、『Mr.レディ Mr.マダム』シリーズのウーゴ・トニャッツィが禁断の恋を演じる。本作のテーマ曲は、数あるモリコーネのスコアの中でも人気の高い曲として知られているが、映画自体は日本では劇場未公開だった。今回ファン待望の日本初公開が実現する。監督は脚本家出身で、本作で監督デビューを飾ったアルベルト・ベヴィラクア。

★1971年度カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品
★1971年度デヴィッド・ディ・ドナテッロ賞主演男優賞受賞(ウーゴ・トニャッツィ)
監督・脚本:アルベルト・ベヴィラクア 撮影:ロベルト・ジェラルディ 音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:ロミー・シュナイダー、ウーゴ・トニャッツィ、マリーナ・ベルティ、マッシモ・ファネッリ、ロベルト・ビサッコ
1970年/イタリア・フランス/ドラマ/原題:LA CALIFFA/91分/カラー/ビスタサイズ/DCP/イタリア語モノラル ©1970 RTI

ENNIO MORRICONE
ENNIO MORRICONE
エンニオ・モリコーネ

エンニオ・モリコーネ

1928年ローマ生まれ。幼少の頃からトランペットを習い、その後サンタ・チェチーリア音楽院で作曲を学ぶ。卒業後はイタリアRCAレコードの看板アレンジャーとして活躍し、61年『ファシスト』(未)で映画音楽家デビューを飾った。セルジオ・レオーネ監督の“ドル3部作”(64~66)で注目を集め、『天国の日々』(78)でアカデミー賞作曲賞にノミネートされ、世界的地位と名声を確立した。
その後も『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(84)『ミッション』(86)『アンタッチャブル』(87)『ニュー・シネマ・パラダイス』(88)『バグジー』(91)『海の上のピアニスト』(98)『マレーナ』(00)など数々の名作でその才を発揮。アカデミー賞作曲賞に6度ノミネートされ、『ヘイトフル・エイト』(15)でついに受賞を果たす。91年の生涯で500本以上もの映画・テレビ音楽を手がけた。2020年ローマで死去。
2023年には愛弟子で親友のジュゼッペ・トルナトーレ監督によるドキュメンタリー映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』(21)が公開され、話題を呼んだ。

COMMENT

小島秀夫
小島秀夫

小学生の時、ラジオから流れてきたジョーン・バエズが歌う「勝利への讃歌」をたまたまエアチェックし、カセットテープで何度も聴いていた。『死刑台のメロディ』(1971)の映画を見たのは、ずっと後。歌詞にある“勝利(Triumph)”の意味はその時に知った。このモリコーネの影響を受けて、「MGS4」や「MGS GZ」で、この曲を挿入歌として使わせて貰った。冤罪で公開死刑にされた“サッコとヴァンゼッティ”に、“スネークとオタコン”の未来を重ねたのだ。
『ラ・カリファ』(1970)の方は、OSTを持っていたので勿論、曲は知っていた。ただ日本未公開なので観たことはなかった。今回、観て驚いた。音楽からは想像もつかない社会派映画だったとは。ほぼずっと鳴っているあの美しいメロディ。最初は違和感を覚えたが、モリコーネの甘美で物悲しい音楽に、物語が、キャラクター達が、結末が寄り添っていく。
『死刑台のメロディ』も『ラ・カリファ』も、主役はモリコーネの音楽なのだ。そして、どちらもモリコーネの音楽から入った。この二本は観逃せない。

オノ セイゲン
オノ セイゲン

『死刑台のメロディ』も主題歌「勝利への讃歌」もタイトルは(あくまで個人的な感想ですが)例えば『あなたはここにいる(Here’s To You)』のが適しているのではないかと思いました。1920年のアメリカで起きた事件のドキュメンタリー。モリコーネの曲にジョーン・バエズが歌詞をつけて大ヒットした主題歌がいつまでも脳内リピートする印象的なものです。

『ラ・カリファ』は新しい発見でした。マカロニ・ウエスタンから『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(1984)、『ニュー・シネマ・パラダイス』(1989)に至る職人モリコーネ。タイムを記録した手帳(NCPのBlu-rayのコメンタリー参照)にはきっとこの映像と音楽の調和などが詳細にメモされていることでしょう。こちらも映画館で観たい作品ですね。

野村雅夫
野村雅夫

不幸にも日本でスルーされてきた作家ベヴィラクアの監督デビューが、こんなにも鮮烈だったとは!テロやストが相次いだ当時の世相を刻印した映像。ロミー・シュナイダーとウーゴ・トニャッツィが散らす労使問題と恋の火花。29ものモリコーネの甘美な旋律。たまらんです!見落とされた70年代傑作のフックアップに感謝感激

森達也
森達也

イタリア移民で社会主義者とアナーキスト。つまり当時のアメリカにおいては少数者。だからこそ不正義がまかりとおる。差別と偏見。ヘイトとクライム。それは決して昔話ではない。モリコーネが作曲した「勝利への讃歌」で、ジョーン・バエズは「あなたたちの苦悩は勝利」と何度もくりかえす。胸にしみる。でも悔しい。だってまだ勝利していない。観終えてあらためて思う。世界は変わらねばならない。

ピーター・バラカン
ピーター・バラカン

『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』に続いて、1920年代のアメリカで起きた醜い事件を描いた映画ですが、こちらは50年以上前の作品。
司法を政治の道具として悪用する白人エリートが貧しい移民を餌食にするのは、昔も今も残念ながらあまり変わりません。

武田砂鉄
武田砂鉄

「正義は権力の一部では?」との問いが重い。この問いにどう答えればいいのだろう。
「これが真実だ」と強要する光景も、今、この時代のアレやコレに似ている。